バイヤグラ

バイヤグラについて。バイヤグラって安全?バイヤグラの効果。バイアグラについて解説いたします。


スポンサードリンク

バイヤグラ

バイヤグラについて。バイヤグラの効果とは?
バイアグラの使用法、価格なども。
バイヤグラについて解説いたします。


バイヤグラとは■

勃起障害(インポ)の人に使う薬です。
満足な性行為を行うのに十分な勃起と
その維持ができない場合に、
バイヤグラは、陰茎海綿体の血流を増加させ、
陰茎勃起を誘発または増強します

バイヤグラは、
日本だけでなく、世界中で注目を浴びている
バイヤグラ(成分名:クエン酸シルデナフィル)は、
米国ファイザー社が開発し、米国FDA(食品医薬品局)において
認可されたインポ(勃起障害)治療薬である。

この医薬品は、日本ではまだ未承認の医薬品であるが、
米国では医師の診断、管理下で患者に対して十分な説明が
行われた後に、処方、使用されるべき薬剤とされている。

これは、バイヤグラを使用する際に、狭心症などに使用される
ニトログリセリンや硝酸イソソルビド(ニトロール等)などの
硝酸薬と併用すると、相互作用により急激かつ大幅な血圧低下を
起こすことが臨床試験の結果から得られており、
このような硝酸薬が投与されている患者には禁忌とされているなど、
取扱いにかなりの注意が必要な医薬品であるからである。

バイアグラは、催淫作用はありませんので性的刺激を
受けてはじめて効果をあらわします。
バイヤグラは勃起の効果を高めます。
25mg錠と50mg錠が日本では使われています。



バイヤグラはどこで手にはいるか■

バイヤグラはいわゆる生活改善剤と言われる薬剤で、
健康保険はききません。

しかし、誤った使用法や他の薬剤との併用で生命に
かかわる事態になる可能性があるため、
バイアグラは医療機関での医師による
診察等をもとにした処方指導が必要です。



バイヤグラの価格■

価格は、一応、希望処分価格は、
25mm錠で1100円、50mm錠で1300円とされていますが、
医療機関ごとに異なります。

またバイヤグラにかかわる診察、検査にかかる費用なども
医療機関ごとに異なります。

各医療機関に問い合わせてください。



バイヤグラの使い方■

バイヤグラは、セックスの約1時間前に内服してください。

バイヤグラは、性欲を高める薬ではないので、
飲んだ後に、性的刺激を受けないと勃起はおこりません。

初めてバイアグラを使用する場合は、
25mgの錠剤から試してみてください。

バイヤグラは、1日1回まで24時間以上あけて使用します。
25mg1錠で効果がないからといって、
薬を勝手に追加してのんではいけません。

バイヤグラは、25mg1錠で何回か試してみて、
副作用がなく安全と判断されたら、
25mgを2錠一度に内服して、効果と副作用を試してみます。

日本人では、多くの患者さんが50mgで効果があります。

バイヤグラは、50mgに増量して、効果と安全性が確認されれば、
次回からは50mg1錠をセックスの約1時間前に内服します。

この場合も、バイヤグラは、
1日1回まで24時間以上あけて使用します。

50mgで効果がない場合は、
100mgまで増量することが可能ですが、
この場合は、担当医とよく相談することが大切です。



バイヤグラの副作用■

バイヤグラは、狭心症などで、
硝酸薬の治療中の患者さんは絶対に使用してはいけません
(血圧が急激に低下して、死亡することがあります)。

この他、重い心臓病・脳血管障害、低血圧や
重い肝臓病の患者さんも、バイヤグラは使用できません。

その他、網膜色素変性症という眼の病気の方。

また、まれに薬が効き過ぎて、
いつまでたっても勃起がおさまらない場合があり、
バイアグラ内服後4時間以上勃起が持続する場合は、
直ちに泌尿器科の救急病院を受診し、
瀉血(しゃけつ)などの処置が必要です。


これらの事をよくご検討の上
バイヤグラのご使用を考えて下さい。
スポンサードリンク